みてみておばけ

みてみておばけ」国土社2020/6
編集:篠田一希さん ブックデザイン:品川幸人 作画:ささきみお

ほらそこの障子にうつったくらい影。何の影?だれの影?
障子にうつる影はいろいろと想像させます。見る人によって人に見えるものが人形にも見えたり…。


この絵本は2歳前後の小さなお子さんのために制作した絵本です。

子供が大好きな「おばけ」をテーマに、怖くなりすぎず、不思議さとかわいさがあり、お休みになる前に保護者の方と読んで頂けるようなお話にしたいと思いました。

この絵本でおおきな役割を果たしているのが「障子」です。
今はこれがないご家庭も多いと思います。
私が子供の頃は、親戚の集まり等で、この障子の向こうで行われている大人達の歓談の様子が別世界の様に思われました。それがいつどこれあったことなのかは覚えてもいないのですが。

伝いたい事に集中できて楽しく描かせて頂きました。

・制作意図:2歳前後のお子さん向け
・制作の流れ:ご依頼→ラフ→着彩→納品
・こだわりのポイント:子供が好きなお化けをテーマに親子で楽しんで頂けるようなお話を考えました。
・制作期間:予定期間内
・発売中